単位型(ユニット型)の特徴

ユニット型投資信託とは、単位型投資信託のことで、何時でもファンドの購入が出来るオープン型に対し、ファンドの購入が限られた期間の間にしか出来ない投資信託のことで、募集期間が終わると、途中追加が出来ない為に、クローズド型投信信託とも呼ばれています。

 
単位型には、殆どがクローズド期間が設定されています。

 
解約による資金の減少を防いで運用の安定を図ることを目的としています。

 
クローズと期間には、長短があり、全期間をクローズと期間に設定しているファンドもあります。
しかし、クローズと期間であっても受益者の死亡や天災地変の場合などの付加考量の場合は買取請求をすることで換金することが出来ます。

 
この特別な事由は目論見書で確認することが出来ます。
単位型には、毎月募集・設定される定時定型投資信託と、投資家のニーズや投資環境のタイミングをみて募集されるスポット型投資信託の2種類がありますが、近年ではスポット型のみが募集されています。

 
単位ごとに設定されていますので、単位型と呼ばれています。

 
単位型の特徴は、売却による資金流失が少なく、じっくりと運よ出来るという特徴があります。
クローズド期間が長い程安定的な運用が出来、収益が大きくなる可能性が高くなります。