購入時期

金融機関で発売している商品や証券会社に登録することで販売されている商品、数多く存在しています。

 
一定の資金を残しておきたいのならば、積み立て定期預金やまとまったお金を一括定期にしておけばよく、元本が割れること無く持ち続けることができます。

 
それとは別に株や投資は、元本保証がないけれど購入時期を知っていれば、大きな利益を得ることができるのです。
その為には、まとまった資金を持っている方がいいですし、すぐにお金を動かせるようにネット銀行に預けたり証券会社に入金しておくといいでしょう。

花瓶02
現物株や投資商品は、個人でネット証券を持っていれば買い付けることも簡単操作で行うことができるようになっていますから、「株価が暴落した」という時迷わず購入するといいのです。

 
その時も、少しずつ買い足すのではなく大金をつぎ込む方がよく、急激に一度下がった商品は買い戻しが入ったりして上がっていくことが多いのです。

 
1万円だけ購入していたのなら、50円上がっても手数料を含めていくらも利益にならないですが、これが100万円ならどうでしょう。
手数料プラス利益確定ができてしまうのです。
ほんの50円上がるだけで大量に購入していた商品はプラスになるのです。