分配方法の特徴

投資信託は分配金をどのようにして渡すのかによっていくつかに分けられます。分配方法としてもっともシンプルなものが1年ごとに分配をするタイプです。1年で決算を行い、そしてそのときに発生した利益を分配します。配当金や利息収入などが原資となります。これがもっともスタンダードなタイプで、古くからあったのですが、最近では分配頻度の高いものや、分配を行わないものなど、いろいろなものが登場しています。

 
分配頻度の高いものの中でも、毎月分配型は人気を集めているようです。分配金を毎月に分けることによって、安定した分配金を実現しているものもあります。生活費を補うために投資信託を購入している人にとって魅力的なものです。分配するためにコストがかかることについては把握しておかなければなりません。

 
分配をしないタイプのものは、発生した分配金を再投資します。ですから、分配金が発生するタイミングで現金を受け取るのではなくて、投資信託の口数が増えることになります。複利効果を狙って資産を成長させたい人にとっては、こちらのほうが適していると言えるでしょう。例えば、老合の資金を確保するために運用し言おうと思っている人の場合には、分配せずに再投資をするタイプのものを選んだほうが良いのです。